はじめてのクレジットカードは楽天カードがおすすめ

ネットで色々なサービスを受けられるご時世ですから、最低一枚はクレジットカードを持っていないと大変なことになります。もし、はじめてクレジットカードを作ろうと思っている人がいたなら、まずは楽天カードを作ってみることをおすすめします。この理由としてまずあげられるのは年会費が無料というところにあります。もしも、仮に一年間一切クレジットカードを使わなかったとしても年会費はかかりませんので、お試しで作ってみることができるのは大きな利点と言えます。また、還元率についても注目です。一般的なクレジットカードだと0.5%の還元率になっているものですが、楽天カードの場合は1%とかなり破格の還元率になっています。どんな場所で使っても1%なので、とりあえず使っておけばお得にショッピングをすることが出来るでしょう。楽天カードを使う際によく皆さんが心配されるのが楽天ポイントの利用方法です。以前は楽天市場を普段から使用していないと消費しづらいポイントではありましたが、最近ではマクドナルドやミスタードーナツ、さらにはファミリーマートやセブンイレブンなどといった各種コンビニエンスストアでも使用することが出来るようになっているので、使いみちに困ることはないと思います。

クレジットカードのポイント期限に注意!

スーパーマーケットやファミリーレストランなどでの会計にはクレジットカードが便利です。クレジットカードがあれば財布の中身の心配をしなくて済むし、会計もスムーズです。最近ではコンビニエンスストアなどでの小額決済もクレジットカードが使えるところが多く、クレジットカードは現代人にとって欠かせないものといってもよいでしょう。

クレジットカード決済にはポイントが付き、たまったポイントはカード会社が用意する様々な特典と交換できます。欲しい家電やインテリア雑貨の交換を目標にポイントをためるのもクレジットカード利用の楽しみのひとつです。しかし、そんなクレジットカードのポイント利用にも気をつけなければならないことがあります。それはポイントには利用期限があることです。せっかくためたポイントが失効してしまったら元も子もありません。カード会社によってポイントの有効期限は異なるため、定期的にクレジットカードの会員ページで有効期限の近づいたポイントがないかチェックしましょう。またその際にはポイント交換に関する特別なキャンペーンが開催されていないか確認しておきましょう。普段よりもお得にポイントを活用することができるかもしれません。

クレジットカード払いだと楽

クレジットカード払いにすることで、様々な支払い時に本当に便利で楽ですよね。私も買い物をするときにクレジットカードにかなりお世話になっていることもあり、生活においてクレジットカードは絶対になくてはならない必須アイテムとなっています。それくらい、たくさんの方たちがお世話になっているのがクレジットカードではないでしょうか。これがあるだけで生活がすごく便利ですし、支払い時がとてもスムーズで楽ですよね。私はクレジットカードがないと生活できないほど、様々な場面で役立てています。ネットショッピングでもクレジットカードはとても便利なので、スーパーなどだけでなく、ネット通販サイト利用時にもクレジットカードを利用しています。

楽天カードの作り方や審査

言わずと知れた楽天カードですが作り方や審査の問題など不安がある方も多いと思います。その点について簡単に説明していきます。

1.楽天カードのメリット
楽天カードのメリットは大きく分けて3つあります。1つ目は年会費が無料でポイントの還元率が高いことです。無料で作れるクレジットカードで還元率1%は十分なレベルだと思います。2つ目は楽天市場での買い物でポイントがアップする点です。非常に大きな規模を誇る楽天市場ですが、そこで決済をする際に楽天カードを使うことでポイントアップします。その他にもアプリなどを利用することで最大43倍などのポイントアップがありますので有効活用しない手はないですね。3つ目は入会特典が高い点です。WEB入会だと通常でも1000ポイント、キャンペーンだと5~8000ポイント程度のポイントプレゼントがあります。また、有名ポイントサイトから申しこむことでそのサイトのポイントも取れるので、1万円相当以上のポイントを取れることはザラです。ここは大きなメリットかと思います。

2.楽天カードの申し込み基準
クレジットカードを作る際に不安になること、それは審査かと思います。自分の年収で作れるか不安に思ってクレジットカードの作成をあきらめている方もいるのではないでしょうか。楽天カードはその点、審査が非常に通りやすいです。バイトをしていない学生であっても作ることが出来ますし、収入がない主婦の方でも配偶者の方の収入が十分であれば申し込み可能です。他のクレジットカードのように年収500万円以上といった縛りはないので是非作ってみることをお勧めします。

3.楽天カードの申し込みから受取までの流れ
ここまで楽天カードのメリットや申し込み基準について話してきましたが、最後に申し込みからカード受取までの流れを説明していきます。

まずポイントサイトなどから楽天カードの申込み画面に入ります。この際、ポイントバックキャンペーンなどの申込みを忘れないようにしてください。楽天カードを申しこむには楽天のIDが必要なので、それをまず発行します。必要な情報は電話番号、住所などの個人情報と連絡可能なメールアドレスです。

IDを発行したらそのIDとPWを使ってログインします。その後は必要事項を入力し、国際ブランドをMaster,VISA、JCBから選択、そして楽天カードか楽天ピンクカードかを選択するという流れです。必要事項の入力についてはサイトの説明通りに書けば良いので比較的簡単です。注意点としては、キャッシングの希望額を0円と入力することです。こうすることで審査の通過率を上げることが出来ます。国際ブランドはどれを選んでも問題ないですが、カードデザインとしてはJCBが種類が多いのでお勧めです。楽天ピンクカードというのは女性へのサービスが手厚いカードですので女性の方はピンクカードにすることをお勧めします。もちろん、男性でもピンクカードを作成することは可能です。

申し込みが完了したらあとは審査の通過を待つのみです。審査に要する時間は1週間を見ておけば十分かと思います。審査が通過すると楽天カードは日本郵便の「本人限定受取郵便」か「簡易書留」で郵送されます。本人限定受取郵便で発送された場合、カード申込者本人のみ受取可能です。

楽天カードが本人限定受取郵便で発送された場合、カード受け取りには、本人確認書類(運転免許証、健康保険証、パスポート、住民基本台帳カード等)と印鑑が必要です。なお、簡易書留で郵送された場合は本人確認書類は不要です。

以上、簡単に楽天カードの作り方について説明させて頂きました。

ファミマカードを作ってみた時のこと

ファミマでよく買い物をして作ってみたファミマtカードですが、カード提示で商品割引になり、tポイントたまりやすいなど特典があり、これはクレジット機能付き、そうでないものがあり、ファミリーマート、カードの日はクレジット機能付きのほうがポイント多く溜まります。

また、ネットで買い物しnp後払いしたら、ファミマ店頭でファミマtカード使って払えば、tポイントがついて、ちょっと得した気分になれます。そして、ファミマtカードは何もしなければリボ払いとなりずっと全額支払いに設定する必要があります。その方法は、ファミマtカード会員専用ネットサービスにログインし変更可能で、一度設定すれば支払うほうがリボ払いに戻ることはないです。tカードで利用できて、tポイント加盟店で提示すればポイントたまって使えます。

ラウンジを使うなら、アメリカンエキスプレスカードが便利

日本の空港ラウンジを使いたいと思ったら、アメリカンエキスプレスカードが便利です。ラウンジというと、ビジネスクラス以上の搭乗券が必要というイメージがありますが、アメリカンエキスプレスカードなら、ゴールドカードでなくてもカードラウンジを使うことができるのです。また、カードを持っている本人だけではなく、同伴者も無料で使うことができます。ですので、私は空港に少し早めに行って、ラウンジでゆっくりしてから飛行機に乗るようにしています。年会費は12000円(税別)で、100円につき1ポイントがたまります。このポイントはマイルに交換することもできますし、カードの支払いに使うこともできます。また、アメリカンエキスプレスは、何かわからないことがあって電話をしてもすぐにつながり、とても対応がいいのもおすすめポイントです。海外旅行の手荷物無料宅配のサービスなどもあるので、空港をよく利用される方は持っておきたい1枚です。

楽天カードが1番コスパ良し

私は、ほぼ楽天カードを利用し、生活している。歴で言うと、5年になる。カード癖がつくと怖いので、使いすぎない様に自身で決めている事がある。それは、基本1活払いでしか購入しないという事である。こうする事で、手数料も取られず、カード年会費も無料。時期やイベントにもよるが、楽天市場でのネット通販の買い物がお得だし、スーパー、ドラッグストア、回転ずし、ファーストフード等、幅広くこのカードの利用店舗はある。買えば買うだけポイントも付与される。このたまっていくポイントは、また後日同じ店でも使用する事ができる。このルーティーンで1年が過ぎていく。今やトップのダイヤモンド会員となり、毎月メールで送られてくる優待メールが楽しみになっている。

ポイントを効率よく貯めるために

クレジットカードに入会するときにはポイント還元率を気にすると思います。しかし買った金額全てにポイントが付くわけではありません。どのカードでも何円ごとに何ポイントつくか、ということが決まっています。例えば1000円で15ポイントですと還元率は1.5%ですが、ある月の買い物が990円ですとポイントはつきません。賢くポイントをゲットするためには、どのカードでいつどこでいくら買い物したのか常に記録をしておき、場合よっては期限ぎりぎりに調整のため買い物をしたほうがいいということです。ずっと使っているとカードの締日がいつかとか、どこのお店で使うと反映されるまでの時間が早い遅いがわかってきますので、あと少しでポイントがもらえそうというところまで使っているのであれば、うまく調整していきましょう。

クレジットカードで利用できる返済方法の種類

支払いをクレジットカードで済ませた場合、後でカード会社に対して利用分の返済を行う必要があります。この返済方法には様々な種類があり、利用者の都合で選べるケースがほとんどです。最も基本的な返済方法が、1回払いです。今月の利用分を翌月の期日に全額支払います。2回払いは今月の利用分を翌月と翌々月に分けて支払う方法です。ボーナス払いは主にボーナス支給日として多い6月と12月を指定し、利用分を支払う方法です。多くのカード会社でこれらの支払い方法を手数料無しで提供しています。3回以上の支払いや毎月一定額を返済するリボ払いも用意されていますが、手数料として利息が加算されます。返済回数が多くなるほど利息が高くなる仕組みです。

100均でクレジットカード

最近は小規模なスーパー等でもクレジットカードを使える店が増え、現金を持ち歩かない私としては非常にありがたいのですが、驚いたのは100円ショップでクレカが使えるようになったことです。このお店は缶詰め等ちょっとした食品も豊富に揃っており、私は週1回30品、40品と大量購入するのですが、入店前にATMで現金を下ろすのが面倒でした。クレカが利用できるようになり以前にも増して大量購入を続けていたのですが…ある時レジでストップがかかり、直後にスマホに確認電話が掛かってきたのです。以前音楽サイトでシングル曲を一度に数十曲買ったとき、かかってきたことがあるのですが、まさか100円ショップでかかってくるとは思いませんでした。お店でこんな電話がかかってくると焦りまくり、もの凄く疲れました。以降の買い物は品数を抑えがちで、チマチマ大量買いの嬉しさがちょっと削がれた感じです。カード会社には、そういう買い物の傾向がある客、と登録してほしいものです。